HOME > 業者とのよくあるトラブル

給排水設備にまつわるトラブルにご注意ください!

東洋メンテ工業が、給排水設備関連の業者とのよくあるトラブルとその回避策をお伝えしています。はじめて排水管にまつわるサービス(清掃・洗浄・工事、水漏れ・つまりの解消など)の利用をお考えの方は、ぜひ回避策を参考にしてください。

点検時に排水管のダメージが発覚……

先日、排水管の点検を10年ぶりに行ったところ、排水管が削れていることが発覚……。業者の話では、交換が必要になるとのこと。洗浄だけ依頼しようと思ったが、余計なコストがかかることに……。過去の洗浄で排水管が削れたのでしょうか?

洗浄方法によっては、排水管が削れてしまうことがあります。ですので、東洋メンテ工業では配管のダメージを抑え長持ちさせるために洗浄用ホースを建物にあわせて選択しています。次回、排水管洗浄を行う際にはぜひ弊社までご相談ください。

追加請求をされた……

排水管の清掃が終わった後に、はじめに見積もりで提示された料金より高い金額を請求されました……。汚れがひどかったから特殊な洗剤を使ったという話ですが、そんなことを言われても納得がいきません……。

清掃前には点検を行っているはずですので、汚れがひどかったことが後から発覚するということは考えられません。確信犯で、安い見積もり金額を出した可能性も考えられます。見積もり後に追加費用が発生するのは、原則としてお客様から追加で依頼があったケースのみです。あらかじめ、どういった場合に追加費用が発生するか確認しておくといいでしょう。

つまり解消を頼んだら、直らなかった……

相見積もりでいちばん安い業者に頼んだのですが、つまり解消を頼んだら結局直りませんでした……。原因を突き止められなかったようで、様子を見ましょうと言ってはぐらかされた形です。直らないのにお金だけはしっかり請求されて……、最悪です。

長いこと使っていて定期的に排水管の洗浄をしていない場合は、一部のつまりを解消しても他の部分のつまりが解消されてないこともあります。
一部のつまりを解消されたのであればその部分のお金を払うのは妥当といえますが、プロであれば解消されるまでやり切らなくてはいけません。弊社は完全につまりが解消するまであきらめませんので、安心してご相談ください。

千葉の排水管・水回りのことなら総合メンテナンス企業の東洋メンテ工業へ

TEL:043-231-6712

メールでのお問い合わせ

  • PAGE TOP