HOME > 貯水槽(受水槽)の清掃・点検・工事

貯水槽(受水槽)のメンテナンス・改修も承っています

何年も洗浄していない貯水槽の水、飲めますか?

貯水槽(受水槽)・高架水槽は建物屋上など屋外にあることもあるため、紫外線や風雨によって水槽表面が劣化しやすく、水槽本体の強度低下は避けられません。また、定期的に清掃を行っていても数年も経てば水は汚くなります。衛生上、問題の多い貯水槽や高架水槽の管理は、建物の管理者(所有者)の責任です。

東洋メンテ工業は、排水管のトータルメンテナンス会社です。排水管のみならず、貯水槽(受水槽)の清掃・点検・工事も行っています。以下では、貯水槽(受水槽)の清掃・点検・工事についてお伝えします。ご依頼前に参考にしてください。

清掃・点検について

適切なタイミング

ビル衛生管理法により、有効容量の合計が10tを超える給水設備は「簡易専用水道」と定義され、「簡易専用水道」の設置者には法律上、年1回以上の清掃・水質検査などの管理が義務付けられています。また、水道法でも同様の規定があります。
※10t未満を除くとなっていますが、衛生面の維持を考えると10t未満でも実施すべきだと考えています。

清掃・点検方法

貯水槽の有効容量が10m3を超える簡易専用水道
管理基準について 1年以内ごとに1回、厚生労働大臣の指定機関で検査を受ける
受水槽の清掃 1年に1回以上、定期的に行う
受水槽の点検 定期的に水槽の点検を行う
緊急給水停止 供給する人が、人の健康を害するおそれがあると知ったときはただちに給水を停止して、その水を飲まないように利用者に知らせなければならない。
点検内容
  • 受水槽の周辺は清潔に保たれているか?
  • 受水槽にひび割れ・水漏れはないか?
  • 受水槽の周辺に汚染の原因となるものは置いていないか?
  • 受水槽内に異物の混入はないか?
  • オーバーフロー管や通気孔の防虫網などに異常はないか?
  • フタはきちんと施錠されているか?
項目 内容
1.施設の外観検査
  • 施設の中に汚水等有害なものが混入するおそれの有無
  • 水槽および周辺の清潔保持の状況
  • 水槽内の沈積物、浮遊物質等の異常なものの有無
2.給水栓における水質検査 臭気、味、色、色度、濁度に関する検査ならびに残留塩素の有無。水質検査として無色透明なガラス製のコップに蛇口から水をとり、色・濁り・臭い・味を検査します。異常があった場合、直ちに専門の水質検査機関で検査が必要です。
3.書類の検査 次に掲げる書類の整理および保存状況
ア.簡易専用水道の設備の配置および系統を明らかにした図面
イ.受水槽の周囲の構造物の配置を明らかにした平面図
ウ.水槽の清掃の記録
エ.その他管理についての記録

料金

項目 対象 金額 備考
貯水槽清掃 基本料金
(0~5t)
40,000円 0~5t以下の基本料金
5~10t(/m3) 45,000円 5~10t以下の基本料金
10t~(/m3) 10t毎の加算料金あり 10tからは1tごとに料金が加算されます。
※清掃後の簡易専用水道検査費用(残留塩素含む11項目)を含みます。
※報告書作成料を含みます。
高置水槽清掃 基本料金
(0~10t)
5,140円 10tまでの基本料金
10t~(/m3) 1tごとの加算料金あり 10tを超えるものについては、1tごとに料金が加算されます。
緊急出動 基本料金
(平日9:00~18:00)
5,000円~ ※夜間・早朝・休日割増があります。

※上記金額には、材料費・出張料・諸経費・消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

清掃・点検・工事事例

【受水槽清掃】

外部

清掃前

清掃前

清掃後

清掃後

槽内

清掃前

清掃後

壁部

清掃前

清掃後

【貯水槽清掃消毒工事】

消毒中(1回目)

消毒中(1回目)

消毒中 (2回目)

消毒中 (2回目)

  • スタッフ紹介
  • トータルサポートもお任せ下さい
  • 東洋メンテ工業の特徴

千葉の排水管・水回りのことなら総合メンテナンス企業の東洋メンテ工業へ

TEL:043-231-6712

メールでのお問い合わせ

  • PAGE TOP